ようこそ 百匁の里へ
講習会の内容
お知らせ
FAQと豆知識

商品のご紹介


HeartstringsのTopへ

講習会の説明
 
2013年の作業内容

 2013年の講習内容を記入していきます。

●12月12日(今年最後の講習会)
・2013年 優秀で表彰された方々の発表。
・連絡事項:来年の利用料が4400円に値上げです。(税金8%対応)
・栽培について:
 −生育不足はユーラックを利用。
 ー春菊、水菜はパオパオを利用(霜対策)。
・生育状況:
 −キャベツ水不足で生育不足。
 −カリフラワーは生育遅れ
 −白菜は収穫すれば残りの生育が早まる。

●11月14日
・ユーラック又はパオパオの利用。
 レタス又はカブ、パクチョイに利用します。
 但し、パオパオとユーラックの併用は避けてください。
・ほうれん草:
 雨(酸性雨)が多いのが原因?苦土を追加、早めの間引きを実施。
 又は、小松菜に変更。
・レタス関連:
 サンチェを間引きして1本へ。
・人参はぼちぼち収穫時期が来ます。
 葉は電子レンジでチンして、つまみか人参茶へ利用可能。
・収穫可能な野菜は:
 長ネギ、(人参)、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、水菜、
 パクチョイ、大根、紅心大根等
・農薬関連:
 除虫草を利用の農薬を作りました、葉ものへ利用。

●10月17日
・玉レタス、サニーレタスの苗植え、ネットを白菜の畝から移す。
・水菜、春菊、パクチョイの間引きと追肥。
・白菜へ追肥。
・人参を一本へ間引きと土寄せ。
・長ねぎの土寄せ。
・農薬散布
・ブロッコリー、カリフラワーが風で横になっても起こさないでください。

●10月12日
 大根、水菜、白菜の写真です。

  

 

●10月3日
・ナス、ピーマン、しし唐の撤去と元肥を入れて耕し、マルチを張り、
 サンチェの苗を6本植える。
・白菜に追肥、遮光ネットは3日後には外すことのようです。
・人参の間引き、一本へ。
・ブロ、カリ、キャベツの苗の土寄せ、土が固いと生育が悪い。
・大根を一本へ間引き。
・種まき:ほうれん草、カブ、あやめかぶ。大根のネットを移動。
 *小松菜は適当に利用、収穫後に種まき等。

  

 


●9月21日
・種まき:パクチョイ、春菊、水菜の種まきとネット張り。
・ほうれん草、カブの畝を準備
 −ほうれん草のところの苦土石灰を多めに。
・ブロッコリー等のわき芽取りと土寄せ。
・白菜の苗植え、植えた後ネットと遮光ネットを掛ける。
・人参:間引き、中耕、土寄せ、追肥
・長ネギ:土寄せ
・農薬:ブロッコリー等の苗全て、大根関連、人参、長ネギ
・草取り

●9月7日
・大根の種まき:青首、おふくろ、紅心3種類の大根の種まき、ネットを張る。
・ブロッコリー、カリフラワー、キャベツに追肥と土寄せ、ネットを張る。
 −芯を食われた苗の交換。
・人参を5本ぐらいに間引き。
・白菜の畝の準備、元肥とマルチ張り、今回は苗を植える。
・春菊等葉もの野菜の畝の準備、元肥とマルチ張り。
・トマト、キュウリの撤去。
・長ネギの土寄せ開始。
・ナスの栽培管理
 −下枝、横へ伸びる枝を切り、上に伸びる枝を残す。
・草取り

●8月18日
 今回は夏休みで講習会参加は息子に依頼。

・人参の種まき、ネット+遮光ネット張り。
・ねぎに追肥、土寄せ。
・ナスの根きり、追肥、水やり(必要に応じて)。
*ブロッコリー、カリフラワー、キャベツは加藤様が担当?
 (8月24日に植え付け済み)

●7月14日
 大変に暑さの厳しい講習会でした。

・現在のキュウリの横にキュウリの種を蒔く。
 *キュウリの黄色い葉を取り除くときは、葉元から切る。
・長ネギのネットの下を少し空けて風通しを良くする。
・ナス、しし唐、ピーマンの畝に南、西にネットを張る。(日除け)
・追肥:トマト、ナス、等へ今回は通路に追肥して中耕を実施。
・トマトについて:
 −トマトの下が茶色に変色はカルシウム不足
 −トマトの上が白っぽくなるのは日焼けです。日当たりが良すぎる。
・農薬:カルシウム及び殺虫剤含む。

・宿題:8月初旬に実施が良い。
1、人参の畝に小カップ1/2の化成肥料を蒔いて耕す。ちょっと高畝に。
2、トウモロコシ、ジャガイモ、枝豆の畝毎に小カップ1パイの苦土石灰
  を蒔いて耕す。特に大根の畝は。

●6月29日
 ジャガイモ堀り
 今年は粒が小さいですね。

 



●6月15日
・今日の作業:長ネギの植え付け
・先ず、草取りの実施をお願いします
・栽培管理:
・つるなしインゲン:収穫及び追肥(種が外側から見えない状態が最適)
・春菊:収穫及び追肥
・キャベツ:収穫可能、水不足で少々硬い
・トウモロコシ:一番上の実以外ヤングコーンで収穫
 収穫後通路で葉茎を乾燥してナス等へ
・枝豆:7月上旬が収穫時期、次回講習会では遅いのでは
・ジャガイモ:枝が黄色くなったら収穫可能、涼しく暗いところで保存
         小さな実も残らず全て収穫の事
・ミニトマト(ネネ):2本で仕立てで生育も可
 トマトは気温で実が色づくので要注意
・キュウリ:適当に摘心して、わき芽を伸ばす
・ナス、ピーマン、しし唐:わき芽取りと誘引

 


●6月1日

 

 秋人参の準備は延期して、今日は栽培管理の講習です。

・ほうれん草、カブ、大根は次回講習会までに収穫、長ねぎを植えます。
 ネット開いておいて下さい。
・トウモロコシもネットを開いてジャガイモ側にまとめておく。
 *ネットは次回片付けます。
・春菊:複数回収穫可能、必要に応じて追肥。
・人参は1本へ間引き、追肥。
 (乾燥しているので、間引きは慎重に、また間引き後水遣り)
・ジャガイモは必要に応じて土寄せ。
・トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、しし唐の栽培管理。
 トマト:わき芽取り、誘引
 *大玉トマトの上部の葉がまるまる;肥料過多、わき芽で調整。
 キュウリ:下から子ツル3本と小さい実3個を切り取る。
       子ツルから2本
       収穫して葉を1枚残してツルを切る。孫ツルも同様。
 ナス:3本仕立てで生育。
 ピーマン、しし唐:2本仕立てで生育。必要に応じて花の数で実
            を調整。
・つるなしインゲン:Xに支柱を設置して、倒れるのを防止してください。

 

●5月18日
・人参:間引きと追肥(約10粒
・大根:大根の横の空いているマルチの穴へ肥料を入れる。(約10粒)
・トウモロコシ:間引きして1本へと追肥(肥料約20粒)+ネットを掛ける
・ほうれん草、カブ、大根の畝にネットを移動。
・ジャガイモ:追肥と土寄せ、土寄せは定期的に実施。
・枝豆:カメ虫が発生、害虫対策要。
・枝豆、トウモロコシからパオパオを撤去。
・トマト、キュウリへ支柱、わき芽取り、誘引。
ナス、しし唐、ピーマンへ支柱、わき芽取り、誘引。
・必要に応じて農薬散布。

●5月2日
・害虫対策(農薬、元気丸)
・収穫:ほうれん草と玉レタス
・カブ、大根の間引き
・レタスへ追肥
・人参間引き(最終的に1本へ)と追肥
・春菊の間引きと追肥
・枝豆の根きり作業
 (土の中で苗の土を落とし、根の先を切り、2本植え戻す)
・トウモロコシの確認、パオパオのゆとりを確認
・ジャガイモの芽かき(2本残しが理想)と土寄せ
・苗植え:
 −トマト
   ネネー2
   アイコー1
   麗夏ー3
 −ナス
   千両ー1
    長者−2
 −ピーマン(京波)−1
 −しし唐(東京しし唐)−1
 −キュウリ(夏すず)−2
 手順:
 1、仮置きして位置を確認
 2、植えて仮支柱に固定
 3、根元に水遣り
 4、ネットを掛ける

●4月20日
・カブ、大根の間引きとカブに追肥。
・ほうれん草の再種まき(必要なら)
・サニーレタスかサンチェの苗植え、水やり。
・キャベツに追肥と土寄せ(マルチを一部はがして)。
・種まき:枝豆、トウモロコシ、インゲン
 穴に3粒を別々に種まき。深さは2cm
・ジャガイモの芽かき(必要なら)
・トマト、ナス等の畝の準備(2畝)
 元肥を入れて耕し、マルチを張る。

 ジャガイモの発芽です。
 

●4月4日(木)
1、人参と春菊の種まき、隣の畝のパオパオを移動して、水やり。
2、キャベツの苗5本の植え付け、必要に応じて水やり。
3、サニーレタスとサンチェの植え付けと水やり。
4、カブの間引き及び追肥:
  本葉が2枚になったら間引き、その後化成肥料を一株に6粒。
5、枝豆の畝とインゲン・トウモロコシの畝の準備。
  ・苦土石灰とぼかし肥を畝の全面に散布し耕す。
  ・畝の真中に深さ15cmの溝を掘り、肥料を入れる
  ・マルチ(27cm間隔)を張る。
 
 大根の発芽。
 

 カブの発芽。
 

 キャベツ
 

●3月23日(土)

1、大根、ほうれん草、カブの種まき
  (今回は土の乾燥が激しくパオパオを利用します。)
 ・種を蒔く穴を開ける、乾燥が激しく難しいときは水をちょっとやる。
 ・種を蒔き、土でふさぐ。
 ・パオパオを掛け、端を土で固定。
 ・パオパオの上から水をやる。
 ・ネットを戻し、風に飛ばされないように土をしっかりかける。

 *次回は種まき、二畝にマルチをかける予定です。

●3月9日(土)

1、ジャガイモ(キタアカリ)の植え付け。
2、カブ、大根等の2畝に元肥を入れマルチとネットを張る。
3、玉レタスの苗の植え付け。

*しばらくは黄砂、花粉等のご準備をお忘れなく

●1月17日(木) 明けましておめでとうございます!!

 15日の雪で畑は真っ白、ネットもつぶされています。
野菜もすべて雪の下です。早く救助してください。

・基本的に1月末を目標に、畑の野菜をすべて収穫してから、土の改良に米ぬか、バーク肥料をバケツ一杯ずつ畑全面に散布して土越しを実施してください。野菜くずを畑で処分する方は、埋めないで畑にまいてください。
・契約更新の手続き:
 2月24日(日)10時からJA東京あおば2階にて。(昨年と同じ場所です。)
 筆記用具、会費、印鑑をご持参ください。
・ネット等は8枚ぐらいで束ねて整理してください。
 
 



 
Mail to:Heartstrings       Copyright 2002 Heartstrings. All Rights Reserved.